Unboundedly

日々大学院で学んだこと、考えたことを更新

はじめに

自己紹介

はじめまして。現在博士号取得を目指して大学院に在籍している研究者見習いです。東京で修士号を取得したのちに、2016年夏よりアメリカはボストンのとある大学院のPh.Dプログラムに入学しました。

Public Health(公衆衛生)であるとかEpidemiology(疫学)と呼ばれる分野で研究をしています。多くの人にとって、「なんだそれ??」と思われる分野でしょう。平たくいうと、「どんな人たちが健康でどんな人たちが不健康なのか」「なぜそれらの人々は健康(不健康)なのか、どうすれば人々の健康を向上させることができるのか」という疑問に対して応えるべく研究を行っています。具体的には様々な(主に観察)データを統計解析することで、上記の問題に取り組んでいます。 

研究者としてはまだまだ未熟なのですが、データをいじってみたり、コードを書いたり、文章を推敲したりが根っから好きだったりするので、楽しんで研究修行の日々を過ごしております。SAS, STATA, R, Pythonと一通り使ってきましたが、一応メインの統計ソフトはR(ということにしている)。

ブログを書こうと思った経緯

1.統計学は確かに「最強」かもしれないけど、、、
続きを読む